ナースの託児所平均利用金額ってズバリおいくら?

家計にも優しい

mjdgjdsg

託児所ありの病院で働くことにより、病院から
補助金が出るので一日当たり千円弱で利用することができます。

しかし、これが一般の託児所であれば昼間にもかかわらず
三千円から五千円ほどになるので、家計に負担になります。
看護師はハードな仕事なので、少しでも負担を減らすようにと
託児所ありの病院が増えてきました。

離職が増えて病院自体が機能しなくなっては本末転倒なので、
苦肉の策として働いてくれる看護師を
確保したいというのが狙いなのです。
あくまでも仕事中に見てもらうというのが目的ですので、
仕事外では病院の託児所では預かってもらえません。

 

 

仕事と育児が両立できる!

平均利用金額が月でも一万円ちょっとなので、
普通の託児所の数分の一で済むので経済的です。

さらには、託児所までの往復の負担もなくなるので
かなり助かる
はずです。
病院で働いてくれる人は、
関係者からしてみればありがたい人材なのです。

新人を研修して育てても離職する可能性があるのと対象に、
働く意思を表明しているので
多少優遇しても問題はないということです。
実際に利用している人の声を聞いてみると、
仕事と育児が両立できて助かるという言葉が聞かれます。

当事者になって考えてみればよくわかる話ですね。

http://www.ilboscofuori.com/

 

 

託児所がないと悪循環を生む

njnjfwser

託児所ありの病院で働くことができると助かるわけですが、
昔は今ほど託児所が併設されてはいなかったのです。

子供を迎えに行かなければならないので、
日勤のみのシフトにしてもらうことくらいはできましたが。
子供の数は減って行く一方です。しかも、
不景気、増税によって託児所を利用できない人もいます。

こうなれば経営が厳しくなるので、
利用料が高くなってしまう
のも致し方がないでしょう。
高くなっていく利用料を補助してくれるのであれば
託児所を使う親御さんは多くなります。

 

 

看護師の不満を減らしたい

看護師は、法律が変わるたびに
給与が引き下げられている傾向にあります。

仕事の大変さは一緒なのに、
給料が上がらないのであれば不満で辞める人も出てきます。
人数が減ってしまえば勤務している人に
負担がかかりもっと大変になるのです。

そんな中、復職したい看護師を少しでも確保しようと
託児所を置くようになった
のです。
子供を預かる安心と利用料の安さの二つに、
仕事もできると環境を提供する、
つまり親目線に合わせてくれたのです。

もちろん国からの補助など細かいことはありますが、
利用者の負担が軽くなるということは間違いないのです。
平均利用金額は高くなっていますが、
病院内の託児所を利用することによって
家計の負担は軽くなったと言えます。

 

 

Comments are closed.