働く条件

お母さん看護師が安心して働くためには?

08ansin働くお母さんたちにとって、
保育園や託児所の存在というのは大変重要です。

ただ、最近では働くお母さんたちも増え、
保育園に預けられない、
託児所が満杯という状況もあります。

 

看護師だからといって、
優先的に利用できるわけではないんですよね。

 

でも、預けられないと看護師として仕事に復帰できない。

という人が多く、病院側はこの状態を解消するために、
病院スタッフが優先的に利用ができる保育園や、
託児所などを設置しているというところが多くなってきました。

 

さらに、働く時間なども配慮して、
日勤のみ勤務にする、
時短勤務にするといったようなことも行っています。

万が一子どもが体調を崩してしまった場合にも、
そこば病院です。
すぐに医師の診察をしてもらうことが出来ますので、かなり安心ですよね。

 

託児所が病院内にあるからといって、
どんな働き方もできる。
という訳ではないですよね。

正規職員として働くのか、
非常勤採用で働くのかなど、
考える事がいろいろあります。

 

それぞれの家庭の事情や、
ライフスタイルによって、
看護師も働き方を選ぶことが出来る。

というケースが増えています。
残業はできない、土日は休みたいといった相談は、
あらかじめ病院側としっかりと行っておくことが必要です。

 

普段からしっかりと勤務をこなしていれば、
病院側もある程度の融通は聞かせてくれますよ。

もちろん、残業にならないように普段の業務をテキパキとこなす。
申し送りなどは的確に行うといった、
自分で出来ることをしっかりと行うことが大切ですよね。

転職のコツ

日勤で働きたい時の託児について

07nikin病院に勤務する看護師の中には、
小さな子供がいるという方もいますよね。

働きながら育児をする場合、
周りの協力はとても重要です。

 

とくに両親など
身近に子どものお世話をしてくれる方がいれば
心強いですよね。

ですが、そのような人がいない場合、
託児所を利用することになります。

 

夜勤などでの託児所を利用するのは、
子どもにとっても負担になりますので、
本来であれば子供がある程度成長するまでは、日勤のみの勤務をする。
ということもおすすめですよね。

 

最近では病院に併設されている託児施設などもあり、
日勤の間だけ子供を託児所に預ける
という働き方をする看護師も出てきていますよね。

お母さんとしても、子どもとしても、
すぐ近くにいるという安心感も得られます。

 

また、病児保育をしているという託児所もあるので、
子どもの体調が心配な時でも、安心して働くことが出来ます。

 

日勤で働く場合、
なにも総合病院だけが勤務先ではありませんよね。

クリニックや献血ルーム、
健康診断を専門的に行っているというクリニックなどもあります。

 

どれも基本的には日勤のみのケースが多いのでおすすめですよ。
訪問看護師なども、日勤のみの仕事になります。

日勤のみだと病院内に託児所がないというケースがあります。

 

勤務先と託児所が離れてしまう事もありますので、
この辺りはちゃんと確認することが必要です。

急な呼び出しなどがあった場合には、
すぐに駆けつけることが出来るくらいの距離が理想的ですよね。

 

残業などの場合にも、
延長保育を快く実施してくれる施設であれば、良いですよね。

職場のこと

全てが夜間対応の託児所ではない。なら、どうしたらいいの?

06yakin正規雇用で医療機関に勤務をする場合、
3交代制の勤務の場合には、
だいたい月に2回程度は夜勤が回ってくることがあります。

準夜勤をいれると週に1度は
夜間の勤務があることが多いですよね。

 

でも、この夜間の勤務は、
小さな子供がいる看護師にとっては、
不安に思うことが出てきます。

まず、預け先がないこと、
そして子供が不安に思わないかということです。

 

託児所が併設されている病院で、
24時間体制で利用することが出来るのであれば、
まず預け先がないという不安を解消することが出来ます。

子どもが不安に思うかという点については、
すぐ近くでお母さんが働いているということが、
子どもにとっては不安を解消できる要素になりますよね。

 

託児所が併設されている病院の場合、
一般的な保育園や幼稚園よりも安い費用で利用することもできますし、
送り迎えなども不要なので、
働くお母さんたちにもメリットが多いんですよね。

このような24時間対応の託児所を持っている病院は、
最近ではだいぶ増えてきてはいますが、
全ての病院が対応している。という訳ではありません。

 

24時間対応ではない託児所の場合いは、
配偶者や両親などがいて、
夜間は子どもを一人にしなくてもすむという環境がない場合。

やはり夜間に子どもを預けることが出来る
保育施設や託児所を利用しなけれなならなくなりますよね。

 

費用も割高になりますし、
やはり病院とは遠い託児所はさまざまな面で心配です。

もし、どうしても夜間他の施設に預ける必要があるなどの場合には、
上司と相談をして、
時短勤務や日勤のみ勤務などの対応を求めてみることもおすすめです。

職場のこと

託児室は夜勤の時も預けられますか?

05yakan病棟看護師の勤務体制は、
多くのケースでシフト制の勤務になっています。

パート勤務やアルバイト勤務など、非正規雇用の場合には、
日勤のみや短時間勤務もありますが、
正職員の場合には、大体夜勤もありますよね。

 

この時に心配になるのが、
夜勤時の子供の預け先です。

 

保育園や幼稚園などは日中のみの事が多くなります。
小学生でも、低学年のうちは自宅で留守番をさせるのは
心配という方もいますよね。

このような場合、院内託児所が利用できたらいい。
と考える看護師も多いのではないでしょうか?

 

ただ、託児所が設置されている全ての病院が、
夜勤に対応している託児所である。
とは限らないんです。

現在は24時間対応という託児所も増えてきてはいますが、
夜勤に対応していない。
という場合もあるんです。

 

また、土日や祝日については、
預かってもらうことが出来ないという託児所もあるんですよ。

夜間の対応、休日などの対応がどのようになっているのかということは、
やはり病院に直接問い合わせて確認することも必要です。

 

また病児保育の実施があるのかということも、
確認しておくといいですよね。

病児保育はこどもが風邪をひいてしまった場合などでも、
託児所を利用することが出来る施設です。

 

これがないと、子どもの病気の時には、
子どもを預かってもらうことが出来ないんですよ。

転職のコツ

託児所付の病院に採用されたい!ポイントは??

04point育児中の看護師に人気がある職場といえば、
やはり託児所付きの病院ですよね。

都市部などでは増えてきているこの託児付きの病院ですが、
地域によってはまだまだ希少というところもあります。

 

病院の託児所の場合、
保育園や幼稚園に比べると料金も低価格になっており、
送迎も楽です。

また、突然の発熱といった場合でも、
すぐにお迎えに行けるメリットなどもありますよね。

 

子どもをちゃんと預けることが出来れば、
仕事にも専念することが出来ます。

 

育児中に休職をして、
経験を積めないということがない。

という嬉しいメリットもありますので、
できればこのような病院に採用されたいと思いますよね。

 

でも、人気が高いこのような病院、
採用されるためのポイントがあるですよ。

 

「私は子どもが小さいので、
託児のあるこちらの病院がいいかと思い応募しました」

一見託児所付の病院に応募する
正当な理由というような気がしますが、
病院側から見ると、託児があるから応募しただけなのか。

 

と感じてしまいます。

 

病院側としては、看護師としての適性を判断し、
仕事が出来るのかどうかをチェックしたいところです。

ですから、託児があるからというのを前面に出さず、
今までの経験を前面に出してアピールする方が良いと言えます。

 

初めての診療科目に応募したい場合には、
向上心などを前面に押し出していくこともおすすめです。

まずは医療従事者としての向上心をアピールする事、
ここがポイントになりますよ。

転職のコツ

託児所がある病院は希少だけど、託児完備の文字だけを信じていいの?

03sinjiru新聞に折り込まれてくる求人広告などを見ても、
最近では託児所完備の病院での看護師の求人はふえました。

女性が多い看護師の場合、
出産や育児によって職を離れる人は多く、
職場復帰を考える時に、子どもの預け先が確保できない。
という状況にある人も多くいます。

 

病院が託児所を用意することで、
看護師を確保することが出来る。

と考える所も多く、
最近では病院が託児所を完備し、
育休明けの看護師を積極的に雇用しているというケースは多いんです。

 

ただ、これは一部の都市部に良くみられる状況で、
地方などに行くと充実した託児が
用意されている病院はまだ少なくなっています。

全国的な面で見てみると、
まだまだ託児付きの病院は、
希少な存在になっているんですよね。

 

この託児所、病院では福利厚生の一環として設置している。
ということが多くなります。
看護師寮と似ていますよね。

看護師寮が他の賃貸物件よりも安く借りることが出来るように、
託児所も比較的他の保育園などに比べると安い費用で利用することが出来ます。

 

ただ、託児所完備という文字だけで便利と判断すると危険です。
看護師の働き方に合わせた託児になっているのかということは、
よくチェックする必要がありそうです。

夜勤があるのに、夜間託児はないということになっていては、
夜間の子供の預け先がなく困ることになりますよね。

働く条件

手続きや費用など、チェックしたい項目は沢山

02cheku小さい子供がいても、
看護師てして働きたいという人は増えてきました。

病院側も小さな子供がいる看護師にも、
積極的に復帰してほしいということで、
託児室などを設けているケースが多くなっています。

 

病院い託児室があるのかどうかということは、
求人情報などをチェックする時にも分かりますが、
料金やサービス内容となると、詳細なことは書かれていない。
ということが多くなりますよね。

働く場合、この料金やサービス内容などについては、
実はしっかりとチェックしておく必要があるんです。

 

預けることが出来る年齢、
時間、曜日なども制限があることがあります。

病気をしている時、
怪我をしている時でも預かってもらえるのか。
という点は、看護師として働く上ではとても重要ですよね。

 

どの程度の人数を、
どのくらいのスペースで預かっているのかという点なども、
チェックしておきたいことです。

 

看護師の中には、夜勤や残業などもこなしている。
という方は多くいます。

このような時、
託児施設で子供を預かってもらうことが出来るのかは、
確認しておきたいことになります。

 

夜間はだめ、残業に対応していないということになると、
安心して託児所を利用することが出来ませんよね。

 

日中は保育園や幼稚園などに通わせ、
午後は病院の託児所を利用したい。
という方もいますよね。

このような場合に対応してもらうことが出来るのかといったことも、
やはり確認しておきたいことです。

 

手続きの面、費用の面なども、
どのようなものが必要なのかをあらかじめ確認をしておくと、
働く上でも随分と楽ですよね。

働く条件

病院に託児所がある場合でも、確認したいことはあるんです

01kakunin育児中の看護師にとって、
勤務中の子供の預け先については、
悩むという人もいます。

その中で、託児付きの病院に勤務することが出来れば、
子どもの送迎も楽になりまし、
院内も育児に理解してくれるスタッフが多くなりますよね。

 

育児に関する理解も得られ、
さらに近くに子どもがいる安心感もありますよね。

ただ、病院内に託児施設があるからといって、
そのすべてが自分の思い通りの施設である。
という訳ではありません。

 

どのくらいの時間まで預けることが出来るのか、
夜勤の時には預けることが出来るのか、
休日の時はどうなるのかなど、確認しておきたい項目は沢山あります。

託児所が付いている病院と一言でいっても、
実はいろいろなところがあるんです。

 

たとえば、場所というものも様々です。

病院の敷地内に託児所がある場合、
敷地内ではないけど、
近くにある場合などもあるんです。

 

病院内ではない場合には、
やはり少しの距離とはいえ送迎が必要になりますよね。

 

また、費用についても、
その病院によって様々です。

基本的には保育園などよりは安くなっていることが多くなりますが、
必ずしも安いとは限りません。

 

このあたりは確認することが必要ですよね。

思っていたものとなんだか違う。
ということにならないようにしておきたいですよね。

その他

ナースの託児所平均利用金額ってズバリおいくら?

家計にも優しい

mjdgjdsg

託児所ありの病院で働くことにより、病院から
補助金が出るので一日当たり千円弱で利用することができます。

しかし、これが一般の託児所であれば昼間にもかかわらず
三千円から五千円ほどになるので、家計に負担になります。
看護師はハードな仕事なので、少しでも負担を減らすようにと
託児所ありの病院が増えてきました。

離職が増えて病院自体が機能しなくなっては本末転倒なので、
苦肉の策として働いてくれる看護師を
確保したいというのが狙いなのです。
あくまでも仕事中に見てもらうというのが目的ですので、
仕事外では病院の託児所では預かってもらえません。

 

 

仕事と育児が両立できる!

平均利用金額が月でも一万円ちょっとなので、
普通の託児所の数分の一で済むので経済的です。

さらには、託児所までの往復の負担もなくなるので
かなり助かる
はずです。
病院で働いてくれる人は、
関係者からしてみればありがたい人材なのです。

新人を研修して育てても離職する可能性があるのと対象に、
働く意思を表明しているので
多少優遇しても問題はないということです。
実際に利用している人の声を聞いてみると、
仕事と育児が両立できて助かるという言葉が聞かれます。

当事者になって考えてみればよくわかる話ですね。

http://www.ilboscofuori.com/

 

 

託児所がないと悪循環を生む

njnjfwser

託児所ありの病院で働くことができると助かるわけですが、
昔は今ほど託児所が併設されてはいなかったのです。

子供を迎えに行かなければならないので、
日勤のみのシフトにしてもらうことくらいはできましたが。
子供の数は減って行く一方です。しかも、
不景気、増税によって託児所を利用できない人もいます。

こうなれば経営が厳しくなるので、
利用料が高くなってしまう
のも致し方がないでしょう。
高くなっていく利用料を補助してくれるのであれば
託児所を使う親御さんは多くなります。

 

 

看護師の不満を減らしたい

看護師は、法律が変わるたびに
給与が引き下げられている傾向にあります。

仕事の大変さは一緒なのに、
給料が上がらないのであれば不満で辞める人も出てきます。
人数が減ってしまえば勤務している人に
負担がかかりもっと大変になるのです。

そんな中、復職したい看護師を少しでも確保しようと
託児所を置くようになった
のです。
子供を預かる安心と利用料の安さの二つに、
仕事もできると環境を提供する、
つまり親目線に合わせてくれたのです。

もちろん国からの補助など細かいことはありますが、
利用者の負担が軽くなるということは間違いないのです。
平均利用金額は高くなっていますが、
病院内の託児所を利用することによって
家計の負担は軽くなったと言えます。